« 筥迫ワークショップ『三段口扇襠筥迫』 | トップページ | 冷えてきました »

2013年10月19日 (土)

おさらい

忘れないうちにおさらい!

手元の生地でもう一個三段口扇襠筥迫の制作です。
先生頼みだった巾着と房はやっぱりへたくそにできてしまいました。巾着の形は特に難しい。道は遠いです。

 

Photo_5

Photo_2

表地は紬の着物地。解羽縫いされた古い反物を購入しましたが、鯉のぼりの吹き流しかとおもいました。
着物だとわかってびっくり。こんなの着た人がいたんですね。織った人もだけど。
裏地は男物のなか着。粗い織の絣でももけやすい生地でしたが、ホットメルト紙の威力。難なく仕立て上がりました。

 

Photo_3

今までごちゃごちゃ作った筥迫を並べてみました。いずれも中がお目にかけられないものばかり。
左下のが第一号。「レトロな和布バック」という本を見ながら必死で作ったもの。 右の抱えバックは扇襠の勉強に「袋もの作り方全書」という本と格闘したときのもの。
そしてここに至る途中でゴミ箱に消えていったものも…

二年近く、ずいぶんと悩んだものです。

まあ、ぼちぼちと進めていきましょう。

« 筥迫ワークショップ『三段口扇襠筥迫』 | トップページ | 冷えてきました »

日本刺繍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1658477/53653236

この記事へのトラックバック一覧です: おさらい:

« 筥迫ワークショップ『三段口扇襠筥迫』 | トップページ | 冷えてきました »

フォト

私のHPもご覧下さい

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ