« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018年9月29日 (土)

夏休みの宿題?その2

488cdca6bcf84c30a1d8d6f334087a02


8月の頭に、筥迫工房さまの「縢襠付筥迫」と「巾着と飾房」のワークショップに参加して、はや二月。
後から参加の「四つ襠紙入」は、先に宿題を当ブログにアップしましたが、こちらのアップが遅くなりまして…いや、だいぶ前にやっていましたんですよ〜ホント。


こちらがワークショップでの作品。


A4c52921d9b54da38f2c5f1be297a6d6


よく似ているけど、柄取りはワークショップの方がぴったり。


それにしても筥迫に最適な小紋の着物です。ちょっと高かったけどビビッときてヤフオクでポチッと。
なんだか殆ど着ていないようで、とてもきれいでした。
まだ、何回か練習できます💧

6c4d21f77f89417c8a6edf3fd3a2b6a5


中はこんな。

548d06e040c14527bea6ba9c7dad7305


巾着と房は…

冬休みの宿題にします💦


2018年9月22日 (土)

東京でゆっくり

毎年ですが、東京日本橋三越を皮切りに、
「第65回日本伝統工芸展」が始まりました。


いつもは日帰りで研究会に参加するのですが、今年はゆっくりしたくなり、一泊。
お昼の作品解説を聞いて、それから、久しぶりに「代官山ヒルサイドテラス」に行ってまいりました。


私が建築系の学生だった40年前。その頃すでに花形建築家だった、槇文彦氏の代表的なプロジェクトでした。
全体の計画は1967年から始まり、建設は1992年に終わるのですが、店舗付集合住宅の計画に留まらず、文化を生み出し、景観を生み出し、それはもう、今もずっと続いています。

19153b199b954602868cbf8ad363936d

緑のなかに馴染み溶け込む建物


ちょうど「SDレビュー2018」展をやっていました。

槇氏の発案をきっかけに始まった若手建築家の作品発表の場。ドローイングや模型が並びます。
私が見ていた頃の先鋭的な表現は影を潜め、ナチュラルな嗜好の建物が殆どでした。時代の移り変わりは感じますが、取り組んでいる人たちの姿勢は変わらないなぁ。
今年で、37回なんだとか。


C0d4c8fa8acd4a619f1be5341124235b


2018年9月14日 (金)

夏休みの宿題?その1


72b32472a0bc4062a0e02dc4da8a27da


筥迫工房さまのワークショップ、「四ッ襠紙入」に参加させていただいて、はや半月。復習せねば、とは思いつつ…

遅ればせながら、二つ一気に製作。
小鳥柄はカーテン地。薄手木綿ですが、手前の紺地の絹のほうが、下手くそには遥かに作りやすい。
前金具は壊れたイヤリングのパーツ。とりあえず両面テープで留めています。

30a3c269d1df4d839808d0e51bd48305


こちらワークショップでの作品。
うっかりして、小ハゼと小ハゼ掛けの位置をずらしてしまい、うまく蓋を閉められません。使えない 泣。


中はこんな。

E3c890d011dc4fa4b806b27dbe85ea16


ブルーのは、小ハゼに糊ジミをつけてしまい…

ペン差しと仕切りが二つ。ポケットも付いています。
懐紙くらいの薄く小さな紙入れです。


袋物。
ガラッパチな性格の私にはなんて難しい世界💧


2018年9月 7日 (金)

第65回日本伝統工芸展


21070640347a4cb4955e71e466f63f2d


今年もまた、この季節になりました。

私の出品は、「刺繍着物 暁 鉄橋ヲ渡ル」です。
9月19日から、東京日本橋三越本店を皮切りに、各地に巡回します。
お近くの方はぜひご覧下さい。
詳しくは、
工芸展HP

« 2018年8月 | トップページ

フォト

私のHPもご覧下さい

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ