カテゴリー「日本刺繍」の記事

2018年9月14日 (金)

夏休みの宿題?その1


72b32472a0bc4062a0e02dc4da8a27da


筥迫工房さまのワークショップ、「四ッ襠紙入」に参加させていただいて、はや半月。復習せねば、とは思いつつ…

遅ればせながら、二つ一気に製作。
小鳥柄はカーテン地。薄手木綿ですが、手前の紺地の絹のほうが、下手くそには遥かに作りやすい。
前金具は壊れたイヤリングのパーツ。とりあえず両面テープで留めています。

30a3c269d1df4d839808d0e51bd48305


こちらワークショップでの作品。
うっかりして、小ハゼと小ハゼ掛けの位置をずらしてしまい、うまく蓋を閉められません。使えない 泣。


中はこんな。

E3c890d011dc4fa4b806b27dbe85ea16


ブルーのは、小ハゼに糊ジミをつけてしまい…

ペン差しと仕切りが二つ。ポケットも付いています。
懐紙くらいの薄く小さな紙入れです。


袋物。
ガラッパチな性格の私にはなんて難しい世界💧


2018年9月 7日 (金)

第65回日本伝統工芸展


21070640347a4cb4955e71e466f63f2d


今年もまた、この季節になりました。

私の出品は、「刺繍着物 暁 鉄橋ヲ渡ル」です。
9月19日から、東京日本橋三越本店を皮切りに、各地に巡回します。
お近くの方はぜひご覧下さい。
詳しくは、
工芸展HP

2018年8月21日 (火)

「美しいキモノ」に掲載されました

ただ今発売中の雑誌「美しいキモノ」2018秋号に、私作の帯『八重葎』が掲載されています。

「紬でアート旅へ」p48 に前柄が、「九寸名古屋帯を極める」p148にお太鼓柄が載っています。
お持ちの方、チェックしてみてください。

2018年7月22日 (日)

刺繍針


新しく重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された方々が、新聞に発表されています。
今年は、染織からも江戸小紋の小宮先生が認定されました。三代続けての認定です!

嬉しかったのは、同時に発表された無形文化財等関係選定保存技術保持者に、刺繍針製造の小野氏が認定された事です。
手打ちの日本刺繍針製造者はいまや一人とか二人とか聞きます。使うとどうしても折れて無くなっていくものだけに辛いです。
これで後継者が育成されるわけではないので、事態は改善されないのですが。

私自身は、小野氏の針は持っているけれどあまり使った事がありません。が、いづれ手打ち針がなくなるのは困ります。色々な材料がどんどん無くなっていきますが、それとともにできなくなることも増えていくのでしょうね。

2018年5月20日 (日)

「京都展」と「わざの美・現在」展

追記

本日 5月29日 無事終了いたしました。
ご覧くださいました皆様、ありがとうございました。

おかげさまで、数寄屋袋、ぐい呑袋共、お買い上げいただきました。
どうぞ御愛用くださいませ。

さて、次の展覧会までギリギリのスケジュール💦
死にものぐるいで制作にかからねば‼︎

と、思いつつ、ガス欠?でパワーの出ない私です。
もしかしたらエンジン故障⁇


Aa61c626e0c948d8ab22740263d83d01

近畿展が京都に巡回します。


第47回日本伝統工芸近畿展
5月23日~28日
京都高島屋7階グランドホール
私は大阪展と同じ「刺繍着物 芽ぶきのころ」を出品します。

わざの美・現在展
5月23日~29日
京都高島屋6階美術画廊
私の出品は上の画像の「数寄屋袋・懐紙入れ 泉」です。

また、グランドホール横で同時開催の「利き盃で一献」展にも
「ぐい呑み袋 風神・ 雷神」を出しています。


一週間はあっという間ですが、どうぞお立ち寄りください。


2018年5月 1日 (火)

第47回 日本伝統工芸近畿展

42143e42627847cd992dcd4dfa9f6c74


あっという間にまたこの季節がやってきました。

今年の大阪展の会場は、アベノハルカス近鉄本店です。
11階画廊・アートギャラリー・呉服売場にて、
5月2日~4日前期 5日~8日後期
に分けて展示されます。

私の着物は、後期呉服売場に展示です。

おついである方、是非お寄りください。


2018年4月14日 (土)

三段口扇襠筥迫

5c00ff9eb34845fbbb654fa4f3f5b6b4


バタバタしている毎日ですが、今年はできるだけ筥迫講習会に参加しようと思っています。
先日の筥迫工房の講習会は三段口扇襠筥迫でした。
何年前になるか、このブログを始めたころ、最初に参加した講習会もこの筥迫でした。
時間がながれ、指導内容も少し変わっています。変わってないのは私の腕だけ?
ともあれ、この型は大好き。いっそううまく作れるようになりたい…

中を開けて、わ!、と、言われたくて、つい少し厚さのある生地を使ったのが運の尽き。悪戦苦闘でした。
まあ、生地のせいにしておきます。
表はとても仕立てやすい大島。本来内外反対です。

493bbd4aaf4549f18766554f09c79782

2018年1月24日 (水)

『春のしつらい』展

毎年ですが、
明日から1月31日まで
大阪守口市の京阪百貨店守口店6階美術画廊にて、
日本工芸会近畿支部会員による作品展が開かれます。
今年は「春のしつらい」というテーマです。
私は前回コメント画像にある数寄屋袋と懐紙入を出しています。
お近くの方はどうぞおいでください。


2017年9月14日 (木)

筥迫 『渓流』

Img_0071_2

 

筥迫を作りはじめて一年余り、なんとか形にした紅葉の筥迫試作1号。あれから5年もたっている!

改めて作り直したこの作品。秋なのに!渓流(笑)

表地  銀通帯地
         日本刺繍 割ぬい芥子ぬい他 一部肉入  絹糸 金属糸
内布  パレス古布
房     江戸打紐 正絹
緒締  タイガーアイ
ビラ簪アンティーク

少しは上達したか? でも、何回作っても改善点は尽きることなく…

筥迫、難しい世界です。

Img_0080

 

2017年8月20日 (日)

さらにもうワンセット


Img_0057


普段づかいにもうワンセット。
向こう側が透けそうな古い生地ですが、お気に入りの柄。
なんとかしばらく使えますように…ナムナム

夏休みの宿題は、これで終わり‼️…一応💦

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト

私のHPもご覧下さい

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ