カテゴリー「毎日のこと」の記事

2023年10月 1日 (日)

ノートルダム大聖堂のペーパーモデル

Img_2780

 

昨年、展覧会作品のテーマ「ゴシック様式の礼拝堂」のイメージ作りに、シュライバーボーゲンのペーパークラフト1:300を購入。

模型作りながら頭の中にある内観イメージを固めよう、と始めましたが、無数?のフライングバットレスの厚紙切り出しに音をあげて一年放置。やっと昨日全部作り上げました。肩凝った…

好きではないゴシックですが、人間がコツコツつくっていったんだ、と思わせるメンテナンス出入口など、改めて確認。作ってよかった。

 

 

Img_2768_20231001103401

 

厚紙のフライングバットレスが行列❗️この状況で一年放置…

ここから今年屋根と尖塔を作る。火災で焼失した部分。本物の大聖堂の工事もつつがなく進みますように。

 

 

2023年8月25日 (金)

『鹿児島睦 まいにち』展

Img_2689

市立伊丹ミュージアムの「鹿児島睦 まいにち」展 にギリギリで見に行くことができました(28日まで)友人からおもしろいよと教えてもらい、見にいけるようにがんばって仕事終わらせるぞ‼️、と努力。やればできる。

作品は初めてでしたが、マリメッコのような、紅型のような、渋い色合いは日本の民藝のような…

画像はキャンディの包装、たしかスペインのメーカーとか。松竹梅と翁媼をふまえてユーモアたっぷり。人形の鹿児島寿蔵氏は大伯父にあたるそうな、こちらも一点だけ展示がありうれしい。

展示のしかたも、“まいにち“のことばどおり、私的なコレクションに添えた説明ともども、人となりが伝わる展覧会でした。

 

2023年1月 6日 (金)

李禹煥展




00fe6f82299343ffb2db9761b319f8ba


展覧会作品制作も少し先が見えて、ちょっとインターバル。

兵庫県立美術館の李禹煥展に。

強烈な色の交錯で、電磁波が行き交っているようでした。

今年もいろいろ観て感じて表現していこうと思います。

2022年11月18日 (金)

石上神宮と天理参考館

お誘いいただき天理市へ。近くだけどなかなかご縁がなくて。晩秋の晴れた一日を堪能させていただきました。

 

D60a32f35f834b73806feccc1b2da13a 

石上神宮の国宝、出雲武雄神社拝殿。平安後期

 

79c815eee5514750b4dbc4142036998f

 

天理参考館でいただいたペーパークラフト。御所蔵品の馬の埴輪。

2022年11月 8日 (火)

神子畑選鉱所 鋳鉄橋

0d25fe4d92894f5bb6049e14dc7dbb9d

兵庫県朝来市にある神子畑選鉱所。

この場所で森山未来さんが踊ったのを、NHKで観ました。随分前です。やっと来ました。
なんだかグエル公園みたい…

 

 

Db101be27c6c4931881065e8bb7164f2

こちらは関連施設の神子畑鋳鉄橋。45年ぶり。重文。

 

 

2022年10月31日 (月)

β本町橋

21021b6f10e24a34ab539bf4688415fb

 

β本町橋

大阪市内を流れる東横堀川沿いの親水公園。高速道路とビルに囲われた運河に少しだけ風穴。

2022年1月15日 (土)

薬師寺 お茶とお香の会

Bec2256d411a4127b2b259e19877454c

 

二年ぶりに奈良薬師寺で『お茶とお香の会』が開かれました。

コロナ禍に気をつけながらも、久々の香席に心が華やぐ想いです。以前はご信者とおぼしき善男善女多数おいででしたが、今日はいかにもお茶人お香人の方ばかり。日常を取り戻すにはもうしばらく、でしょうか。

花びら餅をいただいたり、東塔のなかを拝見したり、少し寒さの緩んだ奈良を満喫させて頂きました。玄奘三蔵院伽藍の一角に一本だけ、紅梅が花開いていました。

 

…で、香席は『松竹梅香』、成績は、ま、今年もこんなもんです。

一年よろしくお願い致します。

2021年10月28日 (木)

江馬氏庭園

7e41856491a34d59adb9b9f39534d113

手前の鶴島と奥の亀島

B4ace808b1564d2790da99c123b28ac8

滝組

 

刺繍台の前に座り続ける毎日です。

たまに気分転換、以前は美術館博物館通いでしたが、もう少し広く物を見ようと思うこの頃です。急に思い立って、岐阜県神岡町の江馬氏庭園を見にいきました。

こちらは平成29年に国の名勝に指定された室町時代の枯山水庭園です。

復元された会所の月見台から主座敷居間へと進むにつれ、此岸から彼岸へ、鶴亀の島から大海を渡って蓬莱の滝組へ旅していきます。植栽がありませんので、石組が私のような聞きかじりにもわかりやすい。

久しぶりに綿密に計画されたすばらしい庭に出会えて嬉しい限りです。

 

 

 

2021年7月12日 (月)

祇園さん

4eb7153603ce48319c24601ab4b829aa

 

仕上げを頼みに京都に行ってきました。

毎年この頃は祇園祭とのバッティングで神経を使います。締切前なのにお店お祭りでお休み💧…人波をかき分けながら、湯のしやさんへプリプリしながら行ったっけ。

でも、今年はやっぱり日常がありがたい。鉾建てだけですが、しばし見とれていました。

鶏鉾です。すごいデザインです。

 

 

2021年4月24日 (土)

藤田美術館

E8a15dde6e944597b46cba5b76c55875

 

近所の藤田美術館は建替でただいま休館中です。

竣工したのですが、おそらく収蔵品の整理?か、開館はだいぶ先。

ロビーだけ茶席でオープン。内装は少しご縁のある左官集団の久住さん。いろいろおもしろい隠しネタがあります。

この辺りは青湾といって、景色も水も良く大阪の茶人に愛された土地です。縁あって住んでいることに感謝。

 

Edda333ff783426fbd486718f7045bda

 

 

C80c8431af734d7abb2cfe1550684e16

 

屋外の茶室と屋内の茶室

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト

武部由紀子の作品はこちらのHPから

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ